上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P8141715_R.jpg

今年のお盆休みは、稚内から利尻・礼文を家族でまわってきました。


稚内は、ちょうど今から30年前、私が産婦人科医長として独り立ちしてお世話になった思い出の地です。


私は、北大卒業後、大学で一年基礎を学び、国立札幌病院(現北海道ガンセンター)で一年、


婦人科の手術とがん治療、帯広厚生病院で二年、手術、がん治療、分娩について、


指導を受けました。いずれも手術の名人といわれるトップクラスの先生に直接指導をして


いただくことができたのが、私の大きな財産になりました。


合計五年間の研修をうけて、大学の医局からたった一人で市立稚内病院に配属されました。


稚内から一番近い総合病院は、200kmちかく離れた名寄市立病院です。


しかも冬の稚内はブリザードでしばしは国道が寸断され陸の孤島となります。


このような環境で二年間、ほとんどひとり人で外来、お産、手術をやり遂げた経験は、


私を産婦人科医として大きく成長させてくれました。


同時に、何が起きてもひとりでこなせるという大きな自身に繋がりました。

P8141776_R.jpg

当時年間300件程のお産があり、さすがに夜のお産は助産師さんたちが気を遣ってくれて、


真夜中に私が呼ばれることは、あまりありませんでした。


しかし、逆に夜中に「先生、来てください!」と連絡が来たときは、お産が難産であるという


緊急呼び出しです。


覚悟を決めてから患者さんの情報をもとに頭の中でいろいろとシュミレーションしながら、


車で二~三分の距離の分娩室に駆けつけます。


それからはとにかく無事に赤ちゃんが生まれるように必死でお産を取り上げます。


吸引分娩のカップが何回も外れて泣きそうになったこともあります。


そしてやっとうまれた赤ちゃんが泣き声を上げたとき、「よかった!」と


今までの緊張が外れて全身の力が抜けるのがわかります。


気がつくともう明け方になっており、疲れた身体を引きづって医師室へ向かいます。


そんな時、湾の向こうの宗谷丘陵から登り始めた朝日が病棟の廊下に明るく差し込んでいる


幻想的なシーンにぶつかることがあります。


そんな時は、自然の摂理としての命の誕生に立ち会えた喜びを実感します。


そして、急いで家に帰り少し仮眠をして外来診療に備えるのでした。


あの激務は、若いからこそできたのであり今では絶対にできないでしょう。


また、稚内は次男が生まれた場所でもあります。


その意味でも、私にとって稚内は特別な場所です。


幸い、お産扱いをしてくれる義母が間に合わないほど経過は順調でした。


前日の夜から陣痛が始まり、朝の7時に無事次男を取り上げました。


朝のこの時間は、看護師さんが一番忙しく手が足りない時間帯です。


このとき私は、産科医と、産婦の夫と、助産師と、むずがる2才の長男をあやす父親の四役を


同時にこなしたことを覚えています。

P8141743_R.jpg

よく「自分の子供を取り上げるのは怖くないですか?」と聞かれることがあります。


実は全く逆で、自分の子供であれば何が起こっても最後まで自分で責任を取れるので、


まったく怖くない、ストレスのかからないお産なのです。







P8141791_R.jpg
スポンサーサイト
3月13日、NPO法人日本ホリスティック医学協会主催のホリスティックヘルス塾基礎講座がクリニックで開催されました。

北海道では初めての開講です。 

講師は日本ホリスティック医学協会の理事で北海道事務局長の私が務めさせていただきました。

最近、ホリスティックという言葉は世間に溢れていて、ネットでもたくさんヒットします。

しかしその意味や目指すものについては、良くわからない方が多いのではないでしょうか。

日本ホリスティック医学協会では、健康を保つホリスティックヘルスについて多くの方に知っていただきたいとの目的で全国で入門講座が開催されています。

今回は、帯津良一名誉会長が監修したテキストを元にホリスティックに健康的な生活を送るための基礎を学びました。

ホメオスターシス、サルートゲネシス、エピジェネピックスの説明や、東洋医学、養生、呼吸などに簡単に触れただけであっという間に時間が経ってしまいました。

参加者の要望もあり、何回かのシリーズにして一つ一つを掘り下げていく講座を考えています。

ほとんどが響きの杜クリニックで実践していることなので、実際に体験をしてもらうととてもおもしろそうです。

あとは、どうやって時間を作ろうか考え中です。

20160315001203-0001.jpg

IMG_2767.jpg
1月23日から中国気功セミナーが、開催されています。

P1240428_R.jpg


おなじみ李東先生の指導で、今回も盛りだくさんです。

P1240433_R.jpg


一日目は、李秀麗先生の滅多に聞けないお話がありました。

P1250464_R.jpg


二日目は、李秀麗先生の独自の経絡疎通法を伝授していただきました。

P1250453_R.jpg


また、瞑想は信霊語と李秀麗先生の功舞(気功により自動功)によりパワー満載でした。

2014.12.27 いずしづくり
私はいずし(飯鮨)が大好きです。

学生時代に公衆衛生の食中毒の授業で、ボツリヌス菌中毒の最大の繁原因はいずしであると教わりました。

その後はいずしを避けていましたある時、いずしを食べてしまい中毒になりました。

いや、食通毒ではなくその美味しさに嵌ってしまったのです。

そして今では自分で、いずしを作るまでになりました。

いずしづくりは昨年からで、友人のところで作り方を教えてもらって作ります。

11月29日、仕事の合間を縫っていずしを仕込みました。

いずしはそれぞれの家庭に伝わる秘伝があり、それぞれ独特のうまみがあります。

今回は特別に、一挙に公開します。

PB281343_R.jpg
         手分けして、手際よく準備が進みます。

PB281334_R.jpg
        笹の葉は一枚一枚丁寧に拭いていきます。

PB281348_R.jpg
        サケ皮を敷いて、笹の葉、昆布、鷹の爪を置きます。

PB281354_R.jpg
        ごはんと麹を合わせ酢で混ぜたものを敷きます。

PB281358_R.jpg
        その上に極上の鮭の切り身をしっかりと敷きつめていきます。

PB281349_R.jpg
        ショウガと柚をぱらぱらと散らして味を調えます。

PB281385_R.jpg
        レンコン、大根と人参の千切り、キャベツをたっぷりと載せています。

PB281398_R.jpg
       これを何層も重ねて、最後に重しを載せて終了です。
       抗酸化いきいきペールを使えば、約1ヵ月で美味しいいずしにありつけます!!
10月12日に臨床でプラセンタ(胎盤)注射を行っている医師、歯科医師の学会である
日本臨床胎盤医学会大会が札幌で開催されました。
今回、北海道で初めての開催であり私が大会実行委員長を仰せつかりました。
大会では初めに「統合医療の中でのプラセンタ治療の役割」と題して私が講演を行いました。
響きの杜クリニックに通院する患者さんを対象とした調査で、
「プラセンタ注射が即効性と持続性を持ち合わせ、局所だけでなく全身に穏やかにやさしく働き、
副作用もほとんどなく安心感がある治療であること」が明らかになりました。
また、プラセンタの基礎的、臨床的な効果についての講演が続き
参加者もプラセンタの作用について知識を新たにしていました。
招待講演として北海道医療大学准教授の堀田清先生に
「北海道の植物エネルギー」と題して講演をしていただき、
厳しく過酷な北海道の自然の中で生きる植物の基本が他の生命との調和であることを、
たくさんの植物の写真を通して教えていただきました。
プラセンタ治療も、からだのバランスを整え調和に導く治療として共通していることを再認識しました。
最後に行われたパネルディスカッションでは、札幌や旭川で熱心にプラセンタ治療をされている先生も加わり、
活発な意見交換がおこなわれ、とても有意義な大会でした。
 近年、世間ではプラセンタが注目されています。
様々なプラセンタサプリが巷にあふれ、臨床でも新たな学会の設立など様々な動きが出ています。
今こそ、16回の実績をもつ日本胎盤臨床医学会が原点に戻って、
正しいプラセンタ治療の普及に努めていく時期だと改めて強く感じました。

PA110185_R.jpg
PA110183_R.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。